【1300年の歴史】三木市・大谷山伽耶院の美し過ぎる重要文化財と風景

【1300年の歴史】三木市・大谷山伽耶院の美し過ぎる重要文化財と風景

兵庫県播州エリアには、播磨国風土記などにも登場する、1000年以上の歴史を持つ神社仏閣が多い。 これまで加西市や宍粟市など、その美しい境内や建物を数多くご紹介してきたが、最東部三木市にも有名な古刹が存在する。 LINK【播州の秘境】宍粟市 今回はその中でも最も有名な1つ、「大谷山伽耶院」のレポートだ。 紅葉が見頃の時期になると、県外からも多くの人が訪れる本当に美しい場所だ。  大谷山伽耶院 ​​​​​​ 〒673-0513...
【三木鉄道】旧国鉄三木線の廃線跡極上田園散歩

【三木鉄道】旧国鉄三木線の廃線跡極上田園散歩

先日、兵庫県知事や各市長が集まり、乗客数の減少に悩む路線や区間について、議論や運行維持の嘆願を市長が行っている所をテレビで拝見した。 時代の流れで都市部に人が集まり、残念ながら地方路線は苦境に喘いでいるようだ。 播州地域にはいくつもの廃線跡が存在するが、現在は散歩道として活用されている場所が多い。 LINK【特設ページ】播州地域一覧 その中でも特に有名なのが、「三木鉄道(旧国鉄三木線)廃線跡」だ。 田園風景に囲まれた廃線跡として、多くの地方メディアに取り上げられることも多い。 今回はそんな三木鉄道廃線跡散歩の様子をお届けする。...
【泣く子も黙る迫力】三木市金剛寺のバキバキ仁王像にガクブル!

【泣く子も黙る迫力】三木市金剛寺のバキバキ仁王像にガクブル!

長かった2020年の梅雨もようやく明けそうで(これ何回言うたw)、「頼むからもうこれ以上伸びないでくれ雨季よ」と懇願する毎日だ。 今年は姫路市夢前町の弥勒寺や、三木市にある金剛寺の紫陽花鑑賞に精を出したが、まだ記事を読んでない方はその花々の美しさをまずは感じて欲しい。 LINK【日本一の布袋さん】姫路市弥勒寺の巨大石像を見て寛容さを取り戻せ! LINK【紫陽花乱舞】三木市金剛寺のあじさいの道が激フォトジェ! そんな紫陽花や蓮の花が美しい金剛寺だが、実はこの場所写真撮影や動画撮影を少しためらってしまった。...
【ペンギンカフェ】三木市 Cafe Ballantaine で水族館気分を満喫!

【ペンギンカフェ】三木市 Cafe Ballantaine で水族館気分を満喫!

「三木市にペンギンカフェがある」 そんな噂話をもう何年も前から聞いていた。恐らくペンギンファンのオーナーが、ペンギンのイラストをあしらった「ペンギンがいる気分」的なカフェかなんかだろうと気にも止めていなかった。 しかしつい先日、野暮用で三木へ行くことがあったため、実際に足を運んでみたら腰が抜けそうになった。 「ほ、ほんとにペンギンがいるじゃねーか …♡」 何を隠そう私もペンギンファンなのだ。 カフェを楽しみながらペンギン鑑賞が出来る「宿原 garden terrace Cafe...
【紫陽花乱舞】三木市金剛寺のあじさいの道が激フォトジェ!

【紫陽花乱舞】三木市金剛寺のあじさいの道が激フォトジェ!

今年は例年にないくらい梅雨の時期に雨の日が続く。 日本各地で災害が起こり、「令和2年7月豪雨」という言葉さえ生まれてしまった。 被害に遭われた地域の皆さまに、謹んでお見舞い申し上げます。 この雨の続く時期はじめじめして足元も悪く、特に今年は新型コロナウイルスの問題もあって外に出るのが億劫になる。 しかし、そんな時はそんな時なりに散歩を楽しむことも出来る。 LINK【日本一のあじさいの里】神河町猪篠(いざさ)の絶景 この季節、自然が好きな方々が思い浮かべるのはやはり紫陽花(あじさい)だろう。...
【ブルーベリー狩り】三木市里脇観光ブドウ園で目の保養!

【ブルーベリー狩り】三木市里脇観光ブドウ園で目の保養!

高齢化、長寿が引き起こす問題の1つとして、目の病気がある。調べによれば、人間の目の寿命(きちんと働く)は70そこそこらしい。 白内障、緑内障、加齢黄斑変性(難病)など、年老いてからの目の病気は人間にとって避けることの出来ない問題だ。 そんな目の健康に良いとされるのが、ご存知ブルーベリー。なんでもブルーベリーに多く含まれるアントシアニンという物質が、目の疲労に有効なのだとか。 【目の疲れに】DHC ブルーベリーエキス 徳用90日分 「魔法みたいな果物ブルーベリーを食べまくりたーい」...