前回、兵庫県高砂市が誇るパワースポット、「石の宝殿」についてご紹介した。生石神社近辺の閑静な散歩道もさることながら、浮石の迫力は凄まじいものだった。

ところで、この播州鬼散歩が「高砂市びいきではないか?」との声が最近よく聞かれる。

LINK【石の宝殿】播州一のパワースポット・水に浮く巨大岩とは!?

はっきり言おう。私は高砂市が大好きである。めちゃくちゃええ街だ。しかし、公平を期すためにも、本日はまた違った岩関連のパワースポットをご紹介したい。

所変わって、兵庫県姫路市西脇(太子町近)にそれはある。

姫路市と言えばお城や好古園、映画ラストサムライの舞台にもなった書写山圓教寺などで有名だが、真のパワースポットはそこにあらず。

市街地からバイパスに乗り、15分ほど走ったのどかな住宅地に、まるで隠れているかの如く、それは奉られている。

「破磐神社のわれ岩」だ。

LINK破磐神社われ岩の動画はこちら

LINK京都を凌ぐ破磐神社自然竹林の動画はこちら


 破磐神社われ岩

〒671-2234 兵庫県姫路市西脇
無料駐車場:入り口のお墓前(1台〜2台程度のスペース)

破磐神社の割れ岩はバイパス太子北ランプから、車で5分少々のところにある。まず、多くの方が勘違いしているが、割れ石は破磐神社にはない。

神社から車で5〜10分くらいの山の麓にある。

現地までの道はやや狭いローカルチックな場所だが、「破磐神社起源のわれ岩 ここから80m」と書かれたサインが手前にあり、迷うことなく到着出来る。

ちなみにわれ石へと続く場所は墓地だ。

地元の方や山で作業をされている方が車輌で横切ったりもするので、墓地の手前の空いたスペースに邪魔にならないよう駐車しよう。

*取り回しの苦労する横幅の広い車では、少し切り返しが大変かもしれない。



 聖なる竹林

まず驚いたのが、割れ岩までに通らなければいけない竹林だ。立派な竹が所狭しと生い茂り、静寂という言葉にふさわしい “silence ” を作り出している。

とんでもなく静かで心休まる場所である。まさか姫路にこんな所があったとは … 。あまりにも雰囲気が良すぎて、「聖なる竹林」と名付けてしまった。

是非播州民の間で広まって欲しいものだ。

【コンパクトカメラ最高峰】Sony RX100M7(高級コンデジ)

もうこれからインバウンドの外国人観光客がごった返す京都嵐山へ行く必要がない。「播州の嵐山」そう言わせてもらいたい。

LINK【姫路一の穴場】破磐神社われ岩・自然竹林の道



 姫路の穴場パワースポット

そして、いよいよお目当の、「破磐神社起源の大磐石」お目見えだ。こちらの割れ岩の起源についてはこの説明書きをお読みいただきたい。

非常に大きい。石の宝殿もすごい迫力だったが、こちらは外に置かれている分、野生感が半端ない。さすが知る人ぞ知る、姫路の隠れパワースポットだ。

前から見るのも良し、後方に回ってその背中の大きさを感じるのも良しだ。



岩石にしめ縄が施されていると、なぜこんなにも神聖なるものになるのだろうか。そう考えていた矢先、心臓が飛び出そうな出来事が …

【コンパクトカメラ最高峰】Sony RX100M7(高級コンデジ)

 謎の女性

岩の中から人の大きさほどもあろう大蛇が … 出てきたわけではないが、岩の後ろから、

「すみませ … ん」

と女性が突如現れた。あまりの静寂っぷりに人の気配を感じていなかったので、

「うおっ」

とびっくりしてしまった。そして、その女性も「うおっ」となって、変な空気が流れる。どうやら写真撮影のお願いだったようだ。

その後、ドキドキの冷めやらぬ中、われ岩横の竹林を見上げて時間を過ごした。どちらかと言うと、われ岩よりもこの竹林の方に心打たれたのかもしれないな … 。

LINK【姫路一の穴場】破磐神社われ岩・自然竹林の道

われ岩の様子を動画に残しているので、もし良ければ見て頂きたい 。穴場感満載で、自然好きの人々が興奮すること間違いなしだ。

うっかり「いいね」ボタンと「フォロー」ボタン(YouTube)を押してもらえれば、励みになり更新を頑張れる(よろしくお願いします)。

【コンパクトカメラ最高峰】Sony RX100M7(高級コンデジ)