2021年の梅雨は実に奇妙だった。

3週間早く始まったかと思えば、空梅雨。

このまま夏に向かうのかと思えば、豪雨の毎日。

LINK【播州のスイス】新緑の砥峰高原がすすきよりもおすすめなワケ!

そんな湿度の高い季節に、美しく映えるものの1つに “苔” をあげる人も多いのではないだろうか。

本日は加西市にある「苔の参道」で有名な「河上山久学寺(きゅうがくじ)」を取り上げたい。

播州赤穂浪士(忠臣蔵)で有名な、大石内蔵助ゆかりの地でもあり、その苔の参道が作り出す雰囲気は、言葉に出来ないほど厳かだ。


 河上山久学寺

〒675-2465 兵庫県加西市上芥田(かみけた)町982
無料駐車場:あり(約10台)
あ手洗い:あり(駐車場内)

 

河上山久学寺はまさに播州の穴場と呼べる。

上芥田町は加西市北条町からさらに北東へ行った小さな山村で、地図上では道幅が狭く表示され、

「これ車が通行するのに大丈夫か?」

と、何度も確認してしまうほど不安な場所だ。



結論から言うと、乗用車で行くのに苦労することはない。

車幅 1,895 mm の SUV で向かったが、難なく現地へ到着することが出来た。

途中道幅が狭くなる住宅街を通る必要があったが、軽トラや乗用車とのすれ違いも、道を譲りながら問題なし。

私が向かった日は、播州一体に警報が出るほどの豪雨だったが、直前にある池が氾濫しないかどうかだけが心配であった(氾濫は免れる)。

それでは凄まじい豪雨の中の様子をどうぞ。


 大石内蔵助

まず、このお寺が有名な理由の1つに、かの有名な大石内蔵助(播州赤穂浪士)のエピソードがある。

主君の江戸城で起こした刃傷事件の知らせを、この久学寺で当時の住職と碁を打っていた時に聞いたからだ。

その後、慌てて赤穂へと戻ったと言うから、実際に訪れると色々と考えさせられる逸話で、参道や本堂で時間を過ごしながら、会ったこともない人の気持ちを想像してしまった。

小学校の頃の課外学習を彷彿とさせる。



 苔の参道

そして駐車場の左側には、苔で色付いた道が続く。

道の途中には山門が立ちはだかり、周囲を大木に囲まれ神聖な雰囲気を醸し出している。

そう、こちらが有名な久学寺・苔の参道だ。

【世界一コンパクトなフルサイズミラーレス一眼】Sony α7C レンズキット(動画可能)

私は今回雨の日の様子を撮影したくこちらに来たが、苔の緑が映える写真撮影には、晴れの日を選んだ方が良いことに気付いた。

一方で、雨露が作りあげる暗くて畏敬の念を覚える雰囲気は、何物にも変え難いほど、この苔の参道を神秘的なものへと変えていた。

この辺り一体は当日の雨で、山霧が出ていたが、参道の奥に見える霧が大木をかすめ、映画のワンシーンの中にいるような気分にもさせてくれる。

そららの様子を是非動画で見ていただきたい。

LINK【動画】豪雨の中の苔の参道



 本堂

今回雨で足元が悪かったにも関わらず、ご住職が本堂へ入りお参りさせて下さった。

非常に親切に接して下さり、感謝で胸がいっぱいだ。

本堂の様子や、参道散歩の様子は動画にまとめているので、是非ご覧いただきたい。

播州きっての穴場散歩は、やはり心が躍る。

よろしければ YouTube の方もチャンネル登録いただけると、今回みたいにカメラとレンズが水浸しになろうとまた撮影に励める(涙)。

よろしくお願いいたします。