新緑の砥峰高原や、日本一のあじさいの里に魅了された今年の初夏、私は同じく神河町にある名所を地元の方からうかがう。

LINK【播州のスイス】新緑の砥峰高原がすすきよりもおすすめなワケ!

なんでも千ヶ峰南山名水​​100%使用した、「名水わらび餅」があるのだと。

そして、実際に食べてきて分かった。

この場所は “美味しい” だけでなく、川遊びも出来て “楽しい” 最高の場所だと。

越知川名水街道エリアにある、「千ヶ峰南山名水​​」と呼ばれる場所(施設)だ。

(現地の映像は記事最下部 ↓↓↓ )


 千ヶ峰南山名水

​​

〒679-2403 兵庫県神崎郡神河町大畑23-1
TEL: 079-031-5508
営業時間:8:30am ~ 6:30pm
駐車場:お店前
あ手洗い:あり

 

播州南側からは、神崎総合病院​​前で右折し、8号線と367号線を通ってひたすら北上する。

越知川沿いをドライブしていると、ソロキャンプをしている人や、家族で川遊びに来ている人達が見られ、田舎ドライブの醍醐味を楽しめるだろう。

千ヶ峰南山名水は水が激安で購入出来る場所で、駐車場も十分あり、同じ敷地内には水洗トイレもある。

ツーリングやサイクリングに来ている人達も多く見られ、こんな奥地なのに活気のある場所は珍しい。



 名水わらび餅

地元の方々が水を大量に入れている隣に、小さな売店がある。

名水わらび餅はそちらの冷蔵ケースに、大サイズと小サイズの2種類が売られている。

無類のわらび餅好きである私は(ガチ)、現地で食べる用に2つと実家用に2つの合計大4つ(¥350×4)を購入した。

透き通ったわらび餅が、甘党の食欲をそそる。

きなこをかけて早速パクリだ。

「… なんて、なんて、瑞々しいんだ … 」これは私の知っている、トゥルントゥルンな高級わらび餅とも一線を画す食感だ。

大袈裟に聞こえるだろうが、わらび餅の内部にまるで水が閉じ込められてるかの如く、瑞々しい。

ちなみに両親も、

「今まで食べたことのない、高級わらび餅とも食感が異なる、いい意味で期待と違ったわらび餅だった。」

と、お褒めの言葉を頂いた。

とにかく1度食べてもらいたい。


 川遊び

そして、この千ヶ峰南山名水前の越知川では、実は川遊びが出来る。

現地到達までに、川の駅周辺で川遊びに興じる人々を多数見かけるが、駐車場が満車であることが多く、少しハードルが高い。

【北欧旅行者必需品】折りたたみコンパクトレジャーシート(30日間の製品保証付き) BE8(ビーエイト)

そんな時は、遊べる範囲は限られるが、水の流れがゆるく、足場もそんなに悪くないこの場所で遊ぶのに限るだろう。

何より透き通った川の水が美しく、我慢が出来くなること必死だ。



施設から367号線川へ橋を辺り、少し南に下ると川へ降りる階段がある。

楽しそうに川遊びする子供達の様子は、見ていてこっちのテンションが上がる。

そしてテンションの上がった私は普通着で川の中へ入り、見事に短パンを濡らし、またキャッキャなる。

【北欧旅行者必需品】折りたたみコンパクトレジャーシート(30日間の製品保証付き) BE8(ビーエイト)

いいおっさんなのに … 。

子供達が気まずそうな目でこっちを見ていたことは言うまでもない。



 手洗い場

30代半ばの意地を子供達に見せつけ(キャッキャする様子)、すぶ濡れの足に砂がつきまくった私は、名水施設裏の水が流れっぱなしの手洗い場へ。

マスコットキャラクター・カーミンが迎えてくれるが、この水が冷たいこと。川の水と比較にならないほど冷たく、「ウォー」と一人で叫んでしまう私。

側から見たら変質者に違いなかっただろう。

実はここでの水浴びが一番気持ち良かったかもしれない。

今回千ヶ峰南山名水​​には、名水わらび餅を目当てにやってきたが、川遊びなど思いもしない楽しい時間を過ごせた。

本当は周辺を歩いてもみたかったがそれまたのお楽しみだ。

皆さんも食欲が落ちるこの季節、神河町の名水わらび餅で胃腸を休めてはいかがか?

本当に瑞々しいから、是非一度食べてみておくれ。

(動画も見てね)