【伝説の水】疫病から人々を救った神河町熊野神社の神水

【伝説の水】疫病から人々を救った神河町熊野神社の神水

播州一穴場が多いと言われる神河町は、山々と川に囲まれる美しい景観で知られる。 行けども行けども素晴らしい景勝地が現れるが、今回はある “伝説の水” についてお伝えしたい。 「熊野神水」と呼ばれる水だ。  熊野神社 〒679-2404 兵庫県神崎郡神河町越知1089​​無料駐車場:なし(神社手前の越知側に数台停められるスペースあり)お手洗い:なし   熊野神水は神河町上越知地区の先にある、林道を抜けた奥の「熊野神社」に存在する。 熊野神社へのアクセスについて、詳しい記述がネットにはあまり出ていないので、少しお話したい。...
【神河町の秘境】よ~いドン!でたむけんさんも訪れた龍軍の滝

【神河町の秘境】よ~いドン!でたむけんさんも訪れた龍軍の滝

昨年、播州のエデン(楽園)神河町が、関西の人気番組「よ~いドン!」で取り上げられた。 21世紀版商売の神様たむけんさんがロケに来られ、動物と戯れたり(ヨーデルの森)、すすきの大地に照らされたり(砥峰高原)、日本一の鍋を食したりと、神河町の魅力に迫っていた。 LINK【ノルウェイの森ロケ地】兵庫県神崎郡神河町の砥峰高原完全ガイド そして、その際一緒に紹介されていたのが、播但線長谷駅近くにある「龍軍の滝」。 地元の人々に愛されてきた、知る人ぞ知る秘境だ。  龍軍の滝 〒679-3102 兵庫県神崎郡神河町栗無料駐車場:なし(長谷駅西側...
【関電PR館】エルビレッジおおかわちと犬見川の田舎風景

【関電PR館】エルビレッジおおかわちと犬見川の田舎風景

兵庫県の真ん中に位置する、神崎群神河町。 穴場の宝庫として知られるこの町を、2021年はたくさん散歩してきた。 そして昨年、この町で年内最後の散歩地として選んだのが、長谷地区にある「エルビレッジおおかわち」だった。 こちらは YouTube のコメントで、長谷出身の方におすすめして頂いたが、その施設の雰囲気や周囲の風景が非常に美しかった。 LINK【映像】播州地域に存在する穴場を動画で体験 あまりネットや YouTube で取り上げられていないので、自分的にレア記事&映像だと思い込んでいる。  エルビレッジおおかわち...
【秘密の花園】かんざきもみじ園の幻想的空間

【秘密の花園】かんざきもみじ園の幻想的空間

今年2021年は、台風の上陸が兵庫県播州地域にはなかった。 そのため、例年にはない紅葉の美しさが、あちこちで確認されているようだ。 播州には宍粟、たつの、多可、加東、加西をはじめ、数多くの紅葉の名所が存在する。 LINK【特設ページ】播州地域一覧 インスタグラムなどを見ていても、皆競うかのように美しい写真がアップされている。 しかし、多くが観光地化されたり、または情報が知れ渡って、紅葉を独り占めするのが困難になってきている。 そこでおすすめしたいのが、近年話題になりながらも、未だ “穴場”...
【衝撃の瑞々しさ】神河町・名水わらび餅と川遊び

【衝撃の瑞々しさ】神河町・名水わらび餅と川遊び

新緑の砥峰高原や、日本一のあじさいの里に魅了された今年の初夏、私は同じく神河町にある名所を地元の方からうかがう。 LINK【播州のスイス】新緑の砥峰高原がすすきよりもおすすめなワケ! なんでも千ヶ峰南山名水​​100%使用した、「名水わらび餅」があるのだと。 そして、実際に食べてきて分かった。 この場所は “美味しい” だけでなく、川遊びも出来て “楽しい” 最高の場所だと。 越知川名水街道エリアにある、「千ヶ峰南山名水​​」と呼ばれる場所(施設)だ。 (現地の映像は記事最下部 ↓↓↓ )  千ヶ峰南山名水 ​​...
【神河町】砥峰高原〜福知渓谷への裏道・県道39号

【神河町】砥峰高原〜福知渓谷への裏道・県道39号

新緑のカーペットが美しい神河町・砥峰高原は、秋に見られる黄金のすすきだけでなく、初夏のこの時期にもおすすめであることをお伝えした。 LINK【播州のスイス】新緑の砥峰高原がすすきよりもおすすめなワケ! 実はこの砥峰高原の前には、「県道39号(一宮生野線)」と呼ばれるルートが存在し、なんと宍粟市の名勝・福知渓谷へと続くことで知られる。 LINK【宍粟市】播州一の河川沿いキャンプ場・福知渓谷の今 多くのバイカーがツーリングを楽しまれるルートだが、私は徒歩で福知渓谷まで行き、その様子を動画でお伝えした。...
【美しい棚田】神河町奥猪篠の新緑光る田園風景

【美しい棚田】神河町奥猪篠の新緑光る田園風景

今年のあじさい鑑賞に、「日本一のあじさいの里づくり」に取り組む、兵庫県神河町「猪篠」地区を選んだ。 約8,000株ものあじさいが、猪篠地区を取り囲むように植えられ、一面広がる田園風景とのコラボは、まさに “絶景” の一言だった。 LINK【日本一のあじさいの里】神河町猪篠(いざさ)の絶景 あまりにも雰囲気の良いこの町に、ゾンビの如く数時間ふらふらと徘徊してしまったが、私はその後さらに奥にある、「奥猪篠」というエリアへと向かった。 なんとこちらには、播州一とも言われる「棚田」が存在するというのだ。  猪篠 〒679-2431...
【日本一のあじさいの里】神河町猪篠(いざさ)の絶景

【日本一のあじさいの里】神河町猪篠(いざさ)の絶景

空梅雨の2021年は、例年になく快適な初夏の散歩が楽しめた。 宍粟へ滝を見に行ったり、神河町へハイキングに行ったりと、この時期ならではの蒸し蒸しとは無縁だったように思う。 LINK【宍粟市の穴場】三室の滝の2mの跳ね返りに驚愕! 6月も半ばに入り、流石に雨の降る日もだんだんと増えてきたが、この時期やはり見ておきたいのは紫陽花(あじさい)。 播州では、各都市その名所があるが、今年は播州北部にある神河町の猪篠(いざさ)へ行ってきた。 そして、この町が播州一のあじさいの町であることに私は驚愕する。...
【播州のスイス】新緑の砥峰高原がすすきよりもおすすめなワケ!

【播州のスイス】新緑の砥峰高原がすすきよりもおすすめなワケ!

兵庫県神崎郡神河町にある砥峰高原は、秋になると黄金のすすきで一面が覆われる。 その美しい光景は、まさに “見事” の一言で、山々の紅葉と共に素晴らしい絶景が見られる。 LINK【ノルウェイの森ロケ地】兵庫県神崎郡神河町の砥峰高原完全ガイド そしてそんな黄金のすすきは、見頃が終わると伝統的な方法で焼き払われ、寒い冬を越え、春先から高原は新緑の大地と化す。 今回はそのすすきとはまた違った、新緑の砥峰高原の様子をお届けしたい。 はっきり言って、あたいはこっち(新緑)の方が好きかもしれない。...
【福崎のセラピーリバー】七種川のせせらぎが極上の癒し

【福崎のセラピーリバー】七種川のせせらぎが極上の癒し

今年の夏から秋にかけて、この散歩馬鹿(私)は福崎町にハマりまくっていた。 もちむぎ麺、妖怪、柳田國男生家、七種の滝(三兄弟)と、あまりにも穴場が多くて、「もうなんなんここ(この町)〜」と一人で喜び怒ってたほどだ。 LINK【子供は号泣必至】播州・福崎町が化け物たちの巣窟なワケ!! しかし、 ”散歩” という観点で私を一番満足させてくれたのは、「七種川」だったと思う。 七種の滝、八龍滝、虹ヶ滝を通り、やがて町内へと流れ着くこの川は、地元の人やそこを訪れる人々の癒しとなっており、私はこの川目当てに何度も足を運んでいたのである。...